11/9エネルギーシフト研究委員会例会開催

エネルギーシフト委員会例会を開催し、約30名が参加しました。
報告者の小山田大和氏(合同会社小田原かなごてファーム 代表)は、
耕作放棄地のミカン畑を借りてミカンを栽培し、無農薬のミカンジュースを製造販売したり、
ソーラーシェアリング(太陽の恵みを太陽光発電と農作物栽培でシェアリングする)で
お米作りに付加価値を付けたり、農家カフェを地域の方々を巻き込んで運営して、
地域に人の流れを呼び起こす活動をしています。

ご報告いただいた内容は、エネルギーを通して地域の課題を解決するという
「エネルギーシフト研究委員会」の活動はまさにSDGsの時代の要求にこたえるものだと
感じました。エネルギーシフト研究委員会として以前にもまして情報の発信に力を入れる
必要性を感じました。