経営指針委員会

経営指針とは?

同友会では、経営理念、経営方針、経営計画を総称して「経営指針」と呼び、会員企業で経営指針を確立する運動に取り組んでいます。特に「何のために経営するのか」「自社の存在価値は何か」を問い、また社員の参加、全社を挙げての実践を重視しています。

そして、この委員会の目玉は、6ヶ月間の長期に及ぶ『経営指針成文化セミナー』です。時には、ホテルに泊まり込みで計画書の作成に取り組みますが、自社の経営を「人間性」「科学性」「社会性」の3つの分野から捉えることによって自社の進むべき方向が明確になってきたという評価が多く寄せられているセミナーです。

keieishishin_seminar1

経営指針セミナーの基本スケジュール

「経営指針」は企業づくりの根幹です。同友会の「経営指針確立・成文化セミナー」は、講師が主体的に進める一般の経営セミナーとは違います。経営者同士が集い、共に学び、共に育ち、発展していくための「学びと気づきの場」なのです。

第1講 オリエンテーション、自社紹介、企業変革支援プログラム説明
第2講 経営指針書の作り方
第3講 経営理念の作成
第4講 経営方針と経営戦略の作成
第5講 経営計画立案その1
第6講 経営計画立案その2
第7講 セミナー参加者による経営指針発表会

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

経営指針セミナー受講者の感想

・先行きが不安だったが、見通しがついた
・社の方針が社員に浸透してきた
・社員一人一人の目標を立てるようになってからレベルが格段に向上した
・社員が自ら考える習慣がついてきた

・社長自身の仕事が減り、未来戦略を考えるための時間がたっぷりとれるようになった
・経営理念が明確になり、自分に自信がついた
・経営戦略の立て方が理解できるようになった

・後継者としての実力が身に付いた
・幹部間の信頼関係が強固になった
・顧客のニーズを先取りできるようになった
・社会の動きを敏感に感じ取れるようになった etc.

鹿児島県中小企業家同友会「お問い合わせ」